車屋美術館について

 

 小山市の中央を流れる思川は舟運が盛んで、特に江戸時代から明治時代にかけて、江戸へ直結する重要な物資輸送路でした。小山市乙女に所在する小川家は、江戸時代から明治時代にかけて乙女河岸で肥料問屋を営んでいた豪商であり、鉄道の発達にともない、明治末年現在の地に移転しました。現存する建造物のうち主屋・土蔵・表門・米蔵・肥料蔵の5棟は、乙女河岸の繁栄を伝える貴重な遺産であると同時に近代和風住宅としての価値も高く、平成19年8月に国の登録有形文化財として登録されました。小山市ではこの貴重な建造物の活用を図るため整備をすすめ、多くの方々のご協力とご支援により、平成21年4月、小山市立車屋美術館として開館いたしました。

 

 当館は、建造物の文化財的価値を尊重しつつ、芸術や歴史に関する知識および教養の向上を図るとともに、地域活動の拠点および文化創造の場として、多彩で個性ある文化の振興に寄与することを基本理念としています。それをふまえて、貴重な文化財を継承しつつ、古美術から現代美術まで幅広く小山市ゆかりの美術を紹介し、さらに多様な芸術に親しむ機会を提供すると同時に、二十一世紀にふさわしい新たな文化芸術の育成および発信に力を尽くしてまいります。

 

© 2014 by Mother/Land.

小山市立 車屋美術館 | 栃木県小山市乙女3-10-34   TEL: 0285-41-0968